設備

FACILITY

毎日の安心・安全を支える、暮らしのクオリティ

<SECURITY>住まいと暮らしの安心を見守るセキュリティ。
戸別監視のセキュリティシステム。各戸の異常を、24時間体制で監視します。住戸内で異常が発生した場合、信号が電話回線によって警備会社に送信又は通報。関係各機関への通報、係員の急行など、状況に即して迅速・正確・的確な処置を行い、生活の不安を軽減します。■専有部分の異常の時は・・・電話回線により1F防犯・非常警報の情報が指令センターへ通報されます。その通報を受けて、指令センターが最寄りのパトロール員に急行を指示、適切な処置が実行されます。■共用部分の異常の時は・・・一般の機械警備システムと同様に火災・エレベーター故障などを自動感知し、電話回線を通じて指令センターへ通報されます。
TVモニター付オートロックシステム。エントランスの集合玄関機のカメラで訪問者を映像で確認することが可能。その他にも解錠表示機能等で居住者の安全と安心を確保します。住戸内はハンズフリータイプで操作も簡単です。
非接触キー。エントランス、自転車置場及びゴミ置場の自動ドアには非接触キーを採用。面倒な鍵の動作をせずにスムーズな出入りを可能にします。
防犯窓付きエレベーター。密室になりがちなエレベーターには、外からも見える防犯用の窓を設け、防犯カメラと合わせて安全性を高めています。
1階専用庭付住戸およびルーフバルコニー付住戸の窓には防犯センサー。窓を無理に開けようとした場合、センサーが感知し、警備会社へ通報する安心のシステムです。※面格子付窓、FIX窓は除く。
防犯カメラ。居住者の安全を守るために1階共用部及び敷地内、エレベーター内に防犯カメラを合計10台設置。心理的な効果にもつながりトラブルの発生を未然に抑止します。
ディンプルキー。ピッキング他、不正解錠に強いディンプル錠を採用しています。理論鍵違い数は1,000億通りとなり、ピッキングは非常に困難です。
スコープシャッター。玄関扉のドアスコープにはシャッターを設置。中を覗かれることがなく、プライバシーをしっかり確保します。
玄関ダブルロック&プッシュプルドア。玄関ドアは鍵穴を2カ所に設置したダブルロックとし、住まいの防犯性を向上します。また、玄関ドアには、扉を楽に開閉できるプッシュプルドアを採用しました。
サムターン回し・カム送り対策。不正な工具によるサムターン回しやカム送り対策もしっかり確保し防犯性を向上させています。
<VALUE>世代を超えて、価値を継ぐ住まい。
「住宅性能評価書」を取得。安全・安心な住まいの証となる「設計住宅性能評価書」。下記項目では最高等級を取得しています。(1)耐風等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止)/2(2)感知警報装置設置等級(自住戸火災時及び他住戸等火災時)/4(3)耐火等級(延焼のおそれのある部分〈開口部以外〉)/4(4)耐火等級(界壁及び界床)/4(5)劣化対策等級(構造躯体等)/3(6)ホルムアルデヒド発散等級(内装及び天井裏等)/3
埼玉県分譲マンション環境性能表示。建築物の環境性能や品質、外部に与える環境負荷に関する取り組みを点数化して集計し、総合的に評価するシステムです。「センチュリー越谷ブライトアリーナ」は、LED、複層ガラスなどの設備採用が認められ、総合評価3の認定を受けています。
【フラット35】Sが利用できます。【フラット35】をお申し込みのお客様が維持管理・劣化対策などに優れた住宅を取得する場合に【フラット35】のお借入金利を10年間引下げる制度です。詳しくは住宅支援機構ホームページにてご確認ください。
<COMFORT>便利で人に優しい快適機能。
ペットといっしょに暮らせます。犬や猫などのペットの住戸内での飼育が可能です。※管理規約による制限があります。詳しくは係員にお尋ねください。
マルチメディアコンセント。コンセントから、LAN端子やテレビのケーブルまでを一つにまとめた一体型を全居室に採用しています。
人感センサー付玄関照明。スイッチに触れなくても人の動きを感知して照明が点灯し、その後自動的に消灯します。
LEDダウンライト。室内標準仕様のダウンライトには、やわらかな光と長寿命で省エネ効果を高めるLEDを採用しています。
保安灯。周囲の明るさを判断し、明るい時は消灯、暗くなったら点灯します。
敷地内に自転車置場200%を確保。敷地内に全戸数を超える計130台分の自転車置場をご用意しています。
複層ガラス。結露の発生を抑制する効果に加え、冷暖房効率を高めるので省エネ対策にも役立ちます。
24時間対応の宅配ボックス。居住者は24時間いつでも好きな時に宅配業者を待つことなく荷物を受け取れます。急な外出や休日なども、荷物到着を気にすることなくお出かけが出来ます。
NTT東日本 フレッツ光。NTT東日本「フレッツ光」を採用。高品質かつ多彩なブロードバンド環境を提供します。
※任意型のインターネットサービスとなります。
※各種契約など、詳しくは係員にお尋ねください。
24時間低風量換気システム。室内にきれいな空気を取り入れ、汚れた空気を排出する24時間低風量換気システムを採用しています。シックハウス対策や結露対策にも効果を発揮。また長時間留守にした時でも室内全体の空気をクリーンな状態に保つことができます。
<STRUCTURE>確かな構造で、日々の安心をお約束。
外壁・戸境壁。外壁のコンクリート厚は約150㎜〜180㎜を確保し、断熱材と空気層により住戸の断熱性に配慮。また戸境壁は約180㎜以上とし、隣戸との遮音性に配慮しています。
二重床・二重天井。将来的な間取りの変更やメンテナンスに対応しやすい二重床・二重天井を採用。床下・天井に充分なスペースを確保し、配管・配線などのメンテナンスを容易におこなえるようにした構造です。
基礎構造。建物の基礎構造には既成杭を採用。約18m〜31mの杭を強固な支持地盤まで50本打設。住まいの安全性をしっかり維持します。
コンクリート劣化軽減対策。永い年月の経過とともに進む中性化と鉄筋のサビによるコンクリートの腐食・ひび割れを防ぐかぶり厚を充分に確保するとともに、水セメント比を抑えた強度の高いコンクリートを採用しています。
ダブル配筋。建物の鉄筋を二重にするダブル配筋を採用しています。これにより、コンクリートのひび割れが起きにくく、シングル配筋に比べて高い強度と耐久性を実現します。(一部壁を除く)
耐震枠付き玄関ドア。地震による玄関ドア枠の変形を抑え、脱出路を確保するため、扉と枠の間にクリアランス部分を確保した耐震枠付玄関ドアを採用しています。
アウトフレーム工法。アウトフレーム工法の採用により、室内に柱が出ない設計で家具などがレイアウトしやすいスクエアなプライベート空間を実現。すっきりとした室内スペースとしています。(一部除く)
バリアフリー(共用部)。安全な歩行に配慮して、共用スペースもユニバーサル仕様としました。1階出入口から住戸の出入口まで床段差をできるだけ小さくし、あらかじめ共用廊下部に補助手摺を設置しました。フラットフロア設計。住戸内の床は、段差を解消したフラットフロア設計でお掃除もしやすくなります。また洗面室からバスルームへの入口も床段差をできるだけ抑えています。加齢者に配慮した手すり用下地。各住戸の玄関には、加齢者の歩行に配慮した手すり下地を設置しました。将来、設置する際にも便利です。